千鳥足じゃない、雀だ。附SH

 先日、パイレーツオブカリビアン5を観た。やばいぞ4の内容をほとんど忘れている。バルボッサってどうやって普通の人間になったんだっけ。

 相変わらずのキャプテン・ジャック・スパロウで安心した。安定感のある不安定さだ。特に頭と足元が。それにしても全然老けていないんだが、不老の呪いでもかかっているのかな。かかっていても不思議はない人なので、やっぱりどこかのキャプテンに恨みを買って老けない呪いがかかっているんだろう。

 バルボッサをヘクターと呼んでいる印象がなかったせいで、突然どうした!とか、あの時代に同性のファーストネームを呼ぶなんてつまりそういうことなのか!まあ、船乗りだし不思議はないな、などと考えていたがそういえば作中では基本的に皆がお互いをファーストネームで呼んでいた。それに気が付いてディズニーの世界に戻って来たんだが、ヘンリーが「足首が見えた!」と言った瞬間にまたビクトリア朝に引き戻されて大変だった。あの時代、胸元なんか全開に近いのに、足首が見えただけで大興奮できるなんて、そんなところと衛生環境がとってもビクトリア朝

 全シリーズを通してバルボッサが一番株を上げた気がする。きっとウィルが帰りがけに拾ってきてくれたと信じてる。

 SHERLOCKは4で終わりということだろうか。

 ラスボスの登場が唐突過ぎて最終回はポカーンとしてしまった。メアリー、原作でも退場していたがこのドラマでは退場してほしくなかったよ。いつまでもジョンとは違うシャーロックのもう一人の相棒でいてほしかった。ガイリチ版のホームズも新作が作られないし、サーのホームズも観ていない。また一つのシャーロック・ホームズの時代が終わるのだろうか。

 それにしてもジョンがアイリーンとシャーロックのメールに寛容どころじゃない対応をしていてびっくり。過去のメール回数を全て数えて目を吊り上げていたジョンはどうしてしまったの。シャーロックのバージニティに配慮する必要がない事を知ったからかな。