6月の

白いドレスを着て

あなたと歩く

うつくしい道

家族に反対されている

あなたを思えば

急かしているようで

わたしは言い出せないでいた

わたしの自慢の旦那さんなのと

お披露目しながら歩く

見知らぬ土地への旅

家族に反対されている

あなたを思えば

どうしても

わたしは言い出せないでいる

欲もないしと言った

きっと反対されない

若い年頃のこに比べれば

という意味だった

勘違いさせてしまったかな

自由にさせたかった

わたしが急かしたら

あなたが苦しみそうだっただから

わたしの気持ちはあなたに教えられたアニメの1頁のまま変わらないのに

勘違いさせてしまったかな

是非も知らず()に

あなたを想って目覚めた

くもり空の朝

ハトたちにごはんをあげて

変わらぬ笑顔と愛をあなたへ

わたしは6月のヨメ

是非も知らず我を忘れて、の意味。

広告を非表示にする